• ホーム
  • バストアップ効果が期待できる3つのエクササイズをここでご紹介

バストアップ効果が期待できる3つのエクササイズをここでご紹介

2020年04月02日
胸がセクシーな女性

バストアップは、必要な栄養や促すホルモンを取り入れるだけでなくエクササイズをすることが大切です。このトレーニングを怠ってバストアップをしても良い形になりませんし、またせっかく取り入れた栄養や女性ホルモンも十分な効果を発揮させることができません。また乳房を単に大きくしても身体のバランスが悪くなるため、エクササイズを行いバスト周辺を含めて行うことが大事です。

バストアップ効果ができるエクササイズの基本は、その土台となる筋肉を鍛えることになります。そもそも乳房の仕組みは乳腺の周辺に脂肪が付いているもので、さらにそれを引っ張り上げるための筋肉があるものです。このため、単に乳房が大きくなっても筋肉が衰えれば垂れてくるもので、加齢とともに下がってくるのも筋肉の衰えが原因になります。バストアップのためのエクササイズは乳房を形の良い状態で維持するという面でも意味があるものです。

バストアップのエクササイズでは、その大元になる大胸筋を鍛えるほかにも日頃のマッサージでも十分な効果を発揮します。バストアップが期待できる3つのエクササイズとしては、垂れと広がりを修正するほか、上に向くようにする与えることです。垂れたものを修正するのは基本のエクササイズで、大胸筋を鍛えることで可能で、方法としては膝をついて四つん這いとなり、腕を肩幅より広めに開きます。その上で、息を吐きながらゆっくりとひじを曲げながらあごが床につくぐらいまで身体を下ろし、息を吸いながらひじを伸ばして身体を上げます。これを15回2セット続けて行うだけです。腕立て伏せのようなものですが、腕ではなく胸の筋肉を動かすことを意識するのがポイントです。

また広がりを修正する場合には、胸を開くようなエクササイズが有効で、この場合には両ひじを90度に曲げて左右に開き、息を吐きながらゆっくりとひじが合わさるようにします。これを15回2セット続けることで、胸から肋骨にかけてある横向きの筋肉を鍛えることができるものです。一方で上向きにするにはお祈りをするように胸の高さで手をあわせて、ひじを意識しながら手と手を押し合わせます。これを15秒2セット行うことで乳房にはりをもたせる効果が期待できるものです。いずれのエクササイズも全体に負担をかけるようなトレーニングではなく、疲れるようなものではありません。またちょっとした隙間時間でも出来るので、これらを継続的に行うことが美しいバストを作ったり維持する上では欠かせないものです。